経営者の困りごとから見る「成健ビジネスパートナーの提供サービス」(医療・介護の経営コラム01)

みなさんこんにちは。医療・介護経営コンサルタントの高森雅人です。

今回は「経営者どのような困りごとに対して、成健ビジネスパートナーがサービスを提供できるのか」をテーマにお伝えします。

経営者の困りごと:「問題・課題がどこにあるのかわからない」「問題・課題の解決にどのように取り組めばよいか分からない」

医療・介護には、病院・診療所・歯科クリニック・施設サービス・居宅介護サービスなど、実に様々な事業形態がありますが、その形態に問わず、経営を維持して更なる成長につなげるためには、組織に潜む問題・課題を把握し、その解決に向けた対策に取り組み続ける必要があります。

しかし、経営に関する問題・課題は財務、組織、人事、設備、日常業務など、多岐に存在しています。しかし、実際はその問題・課題を深く調べることができず「問題・課題がどこにあるのかわからない」と困っている経営者の方々も見えます。

そうは言っても長期的に経営を安定させるためには、経営上の現状の問題・課題を把握し、それらを踏まえた経営計画を策定して具体的な行動に移さなければなりません。また、良い経営計画を策定するためには、主観的な視点や意見にとらわれない「客観的な視点からの問題・課題」を抽出することが重要です。

そのためには「①様々な経営に関する知識・スキルを持っている ②医療や介護の業界の制度や文化を熟知している ③第三者からの視点・意見を述べることができる」そんな存在が必要になるのではないでしょうか。

また、経営上の問題や課題を把握し、経営計画を策定しようとしても「問題・課題の解決にどのように取り組めばよいか分からない」という困りごともあるでしょう。その解決のためには、目指すゴールを設定し、現状とのギャップを把握し、いくつかの解決ステップに分解しながら取り組んでいく必要がありますが、そのようなスキルを持った人材は常に存在している訳ではありません。

しかし、長期的に経営計画を進める上でそのような「経営者を支える存在」は必要不可欠であるといえるでしょう。

成健ビジネスパートナーは「経営層の視点」と「医療現場の視点」という視点で経営全体を俯瞰しながら、経営者の「問題・課題がどこにあるのかわからない」「問題・課題の解決にどのように取り組めばよいか分からない」という困りごとの解決の力になりたいと考えています。まずはお気軽にメールにてご連絡ください。

成健ビジネスパートナーは「医療・介護のマネジメント・スキルアップ・サークル 『メディくる』」”を主催しています。皆さんからのフォローをお待ちしています!(https://www.facebook.com/medicle.sbp)